読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三女が怒っている

今年中1の娘は不真面目なヤツが大嫌い。

高校受験を控えているのにボンヤリ、テレビ見たり笛吹いたり(これは学校の宿題だから仕方ない)している次女に怒り心頭である。

とにかく勉強を疎かにする人間は許せないらしい。こわいこわい。

四女と五女の心配もしている。

「やばいよー。もう6年生なのに理科も社会もわからないし。足し算引き算やってる場合じゃないよー」

とかなり焦っている。

いやね、学校にそういうカリキュラムがないんだよ。理科とか社会とかね、特別支援学級ではやらないのよ。先生のせいって訳でもないんだよ。まあ、東京都に怒っておくれ。

と言っている。

思うんだが、四女と五女に一番年齢も近く一緒にいる娘の感覚をもっと信じても良いのかな?と。

「なんで出来るのにやらないの?」という疑問でいっぱいらしい。

公文のお陰で計算は物凄く早い。

足し算引き算どころか、かけ算割り算のなんか変な?筆算もできている。

おそらく毎日笛吹いてる次女よりも計算は早い。

訓練次第ではある程度まで学べるのかもね。

特に奇声を発する訳でもなく、おそらく立って、と言われるまでいくらでも座ってられるし、普通に会話できるし、読み書きもできるし、冷静に考えたらなんで障害児学級に通ってるの?ということになる。

でも普通学級ではついて行けないんだよねえ。

進路も中学校は普通学級は難しい、支援学校には軽すぎる。

高校だと支援学校は倍率が高すぎてなかなか入れない。

都立でなんとかスクールというのがあるんだけどね。調査書不要な学校。

うちの子みたいな、どっちつかずのコウモリみたいな子供を引き受けてくれる機関てないのかね。

あ、タイトルとずれた。

取り合えず三女は毎日怒っている。