読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

褒められた?こと

昨日、教会報に載せる信者さんの記事のことでトラブルが発生した?ので

夕方近くに、その対処に出向いてから

前会長に、ことのいきさつを?話した

会長の留守中に、前会長夫婦には心配をかけたくなかった、が…

後から聞いて感じが悪いことになるのも避けたかった

そう(格好良く)思ってから、振り返って思う…

変われば変わるものだ、と

以前の…私は、きっと信者さんにも大口を叩いていただろうし、負けなかったであろう?

それほどキツイ性格だ

正義、という名の…言葉の暴力、を振りかざし兼ねなかった?

それで正しいと完全に思っていた

たとえ、その場は言い負かせても、正しいように見えても

後々は誰かを傷つけたかもしれなかった

その報いは、自分に返ってくる

今はそう思える

ともかく、

ひとつのピンチをぎりぎり切り抜けた?ことは間違いない

そして、その話をすると、前会長は言った

お前さんは、つくづく…文章を作るのが上手いねぇ

と、

えーっ?今  褒められたのかな?

初だ  初褒めだ

嬉しさがこみあげてきた(^△^)

前会長初褒め、という事だけではなく、それは…何だろう…

多分、判断が間違ってなかったかもしれない、と言う嬉しさだった