読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「恒例のイベント」

4月26日は、「ホテル:ラ・スイート神戸ハーバーランド Lounge&Bar GRAND BLEU」」にて、我らの綾さんが、毎月第4水曜日に「レギュラー出演」されている「ラ・スイートライブ」に行ってきました。

ここでの綾さんの「弾き語り」は、とっても「柔らかく、美しいボーカル」、「優雅で、上品で、本当に包み込んでくれるようなピアノ」に、毎回、心が癒され、洗われる感じですね。

当日も、「Fly me to the Moon」、「テネシーワルツ」等、もう、何度も聞かせて頂いている曲もありましたが、毎回、聞かせて頂いていても、それぞれ「違った感動」を与えてくださるんですよね。

「安住さん」や「ひふみさん」も、そうですが、毎回、「同じ歌」、「同じオリジナル詩」を聞かせて頂いていても、それぞれ、「全然違った感動」を与えてくださるんですよね。

こういった「同じ曲、詩」を、何度聞いても、「その度ごとに、感動が違う」というのは、到底、「テクニック」や「知識」だけではできませんよね。

やはり、「その人の人間性」や「いろいろな経験」が「肥やし」となって、「音楽、芸術」が「磨き上げられて」いるからなんでしょうね。

そういう意味でも、この「ラ・スイート」での「綾さんの弾き語り」も、毎回、本当に、「違った素晴らしい感動」を与えてくださいます。

そして、29日、綾さん主催による「武庫之荘:Mクアトロ セッション交流会」。

今月は、他のライブの関係で、この日になりましたが、さすが「連休」ということで、参加者は、かなり、少なかったのですが、いつも言っている通り、この「セッション交流会」は「人数の多少」など、全く関係なく、「楽しく盛り上がる」んですね。

当日は、我が「ディジオー」の「DTMの生徒さん」も「初参加」してくださり、とても、喜んでくださいまして、本当に、よかったです。

更には、この日、「ボーカリスト&ピアニスト」として活躍されている「浜田栄子さん」も、ご参加くださり、綾さんと一緒に、素晴らしい「サポート」してくださいました。

いつも通り、「レギュラーメンバーの皆さん」はじめ、参加された皆さん、それぞれ、大いに、「ご自分の得意な歌」を、堪能されて、本当に楽しい雰囲気でした。

また、当日は、終了少し前に「フーミン」さんも来てくださり、素晴らしい「シャンソン」を聞かせてくださいました。

いやー、本当に良かったです。

私は、この日、「光・・・はぐくみ愛」を、何と、「ボサノバのスタイル」で歌わせて頂いたんです。

勿論、これは初めての試み。

浜田さんが、「素晴らしいボサノバスタイルのサポート」をしてくださり、更に、そこに、津村さんの「パーカッション」、「ワカさん」の「バイオリン」も加えてくださって、いやー、とっても素晴らしい「ボサノバスタイル」の「光・・・はぐくみ愛」ができあがり、あまりの素晴らしさに、自分ながら、いっぺんに「惚れ込み」まして、、、。

とても、嬉しかったですね。

実は、ある人から、「光・・・はぐくみ愛」を「ボサノバスタイル」に編曲してもらえれば、私も歌える、という「素晴らしいリクエスト」がらり、綾さんからも、昨年の「Dee:クリスマス会」の時に、「いろいろなスタイルの光・・・はぐくみ愛を作ってみては」というアドバイスを頂いていて、「これは是非、挑戦する価値がある」と、ちょうど、「やる気」になっていたところだったんですね。

幸いにも、こうした「アレンジを支援するソフト」もあるので、「スタイル」を変えることで、これだけ素晴らしい「光・・・はぐくみ愛」になるのなら、こういった「ソフト」を、どんどん導入、活用して、そうですね、ま、「ボサノバ、ジャズ、JーPOP」くらいのスタイルの「光・・・はぐくみ愛」が制作できたらと、思っています。

どんどん、チャレンジしていかないとね。

こうなってくると、私の「制作魂」に「火」がついて、どんどん意欲も出てくるんですよね。

ま、「いつできるか」は、分かりませんが、というか、私は、いざ「制作」となると、結構、「こだわり」が強く、なかなか「妥協できない頑固な」ところがあり、それで、つい、時間がかかってしまうのですが、そのあたりは、お世話になっている「Dee」へ行って、「妥協点」を見つけることにします。

ということで、浜田さん、「ボサノバ」スタイルの「光・・・はぐくみ愛」、本当に良かったです。

さすがですね。

浜田さんの「素晴らしいボサノバ伴奏」で歌わせて頂けて、本当に嬉しかったです。

ありがとうございました。

フーミンさん、この日も、素晴らしいシャンソン、ありがとうございました。

津村さん、ワカサン、サポート、本当に、ありがとうございました。

そして、綾さん、先日来からの「ビッグイベント」で、いろいろと大変な中、この日も、細かいご配慮、本当に、ありがとうございました。

お疲れ様でした。

続く〜