読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

重い腰をあげて

45A級PPを古典位相反転差動2段アンプ

とした。 45のフィラメントからバイパ

スカパシターを除去、2A3Bと同じ回路

にっ。 結果は、僅かながら低音域で存在

感が増してはいるが、2A3Bではススケ

なのに対して、45では低音楽器が膨らん

でしまう。 トランスが50Wと20Wな

のがこの差になっているのだろうか?

球の個性と言うには、中音域より上での差

異が小さい事から、無理も感じる。とまれ

夜間静かに楽しむおり、2A3BPPでな

くとも45で我慢出来る範囲内に入ったん

じゃなかろうか? 老い先短いのだから、

2A3Bで良いとも思うがっ…

チェロ、コントラバスで余韻が楽器から拡

がる様子が手に取るように解るのは2A3

Bだ。