読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

先のない未来

また、何だか、見失った。ギターも、弾けない。自分の未来が、良く分からない。大いなる希望、限りない喜び。そう言う物が、良く分からない。週末を、寝た切りで過ごす事が、せめてもの慰め。幻聴に身構えるために、横になって過ごす。自分は、自分だけは、話が進んでいない様な気がする。笑わないから。俺は、笑わないから。だから、何もしないで寝ている。ギターが唯一のお供なのに、自らの内で、その輝きが、褪せている。方法は?ここから抜け出す、方法は?分からない。ジッと横になって、時間が過ぎるのを待っている。昔は、例えば、眠る事は、特別な事だった。とても、気持ちのいい事だった。だけど、今は、もう、何も感じない。それでも、何かをする事や、起きている事が辛くて、ひたすら、横になっている。恋も、もう、出来ない。ただ、あの人を好きだったと言う記憶があるだけだ。その記憶があるだけで、別に、気持ちが高揚する訳ではない。横になっていれば楽だから、ただ、横になっている。停滞だ。一旦の、お休み。自分にも、人並みの感情があった事は、忘れてしまったな。外に出れば、人と話せばだけれど、外に出なくて、誰とも話さなければ、静か\xA4

某箸魏◀燭┐董⊃澗,ⅶ澆泙襪里鯊圓辰討い襪世院F鷽佑量ね茲噺世α杼詎ⅸ侏茲覆ǂ辰燭鵑澄◀修Ω世α杼詎髻△靴浸槪❹覆ぁ•犬泙譴榛△ǂ蕁△修Δ覆鵑犬磴覆いǂ福Ì,ǂ譴覆ね佑法⊂个Δ里鬚笋瓩拭C,ǂ譴覆ね佑法⇒磴鮃④欧觧槪鬚笋瓩拭◀修靴董△燭澄~◀砲覆辰謄献辰箸垢襪世韻僚桔槪鮨瑤┐詬佑砲覆辰拭3Г蓮⊂个辰討い燭韻鼻~兇呂發Α⊂个な鈇鯔困譴討靴泙辰拭N匹咩〼觝Г了類離⑤礇奪船灰圈爾如⊂亟蕕寮笋┐覆げ板蹐噺世Ω斥佞❹△襪韻鼻△修鵑壁漚幣暍屬蓮⇔匹圡里蕕覆ぁ﹅亟蕕砲覆蕕覆せ槪海修❶⊆\xAB分に取っての家庭での在り方と言う物だからだ。時間が、沈んで来るのを待っている。夢だとか、希望だとか、そう言う勉強は、忘れてしまった。何の意味があったか?その事を考える事位しか、自分に取っての時間の使い方はない。本当は、やらなければいけない事があるのに、まるで、セルフネグレクトみたいに、ただ、横になっている。流石に、あんな風には出来ないけど。足が壊死するまでジッとしているなんて、あんな風には、出来ないけど。将来の夢、大きな希望。何が好きか、何が好きではないかも、忘れてしまった。週末はこう言う物だよね。ゴールデ

ンウィークが楽しみだ。廃人として立派に寝ていたいね。何も忘れてしまった。