読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長国寺 真田信之霊屋

 大渡製菓舗で、あんず生どら、翁飴をゲット。

 干しあんずが入っていて美味。

 祝神社に参拝ののち、長国寺へ。

 ここには真田信之、幸道、信弘の霊屋がある。

 1622年真田信之が松代に移ったときに創建され、菩提寺となったもので、くりかえしの災害で本堂などはみな新しいのだが、霊屋だけは当初のものが残っている。

 信之のものは1660年の建築で、極彩色の装飾彫刻で飾られている。重文。

 また、境内の屋は真田家の墓所となっており、歴代当主とその家族の墓、真田幸隆・信綱・昌幸3代の供養塔などが並んでいた。

 町中に戻って、御使者屋敷跡へ。

 佐久間象山が蟄居していたところで、日本初の電信実験が行われた場所としても顕彰されている。

 1849年に屋敷と隣の鐘楼を約60メートルの電線で結び、実験に成功したという。

 鐘楼の方はいまも残っている。1801年のもの。