読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「清掃はやさしさ」新津春子著 読了

新津春子著「清掃はやさしさ」ポプラ社 読了。中国残留孤児二世として来日。若い頃から清掃業に入って、羽田空港での清掃業において上司と出会って、清掃の大会に出場して日本一の称号を勝ち取るという話。僕も清掃業の端くれであるが、関東大会で一番になれなかった時に泣いた場面は悔しさみたいなものが文面にも伝わって来た。これがプロフェッショナルの姿なんだなって。関東大会で勝てなかった理由を上司に聞いたら「やさしさが足りない」ことを指摘。どんな道でも技術ではなくメンタルなところで優劣が決まってしまうのだなぁ〜と思った。果たして僕の仕事は「やさしさ」が入っているのか? そう考えさせられた本だった。