読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つむじ風みたいに踊って

昨日にひきつづきアナキスト野枝さんの評伝。そして草間彌生さんの自伝、借りてきました。自由に生きるとはどういうことかを知りたくて。VIVA!女性!がんば!わたくし!本読めるようになってうれしいうれしい。春のつむじ風みたいに踊る。踊る。

自由をめぐる連想からか、渡辺美里のマイレボリューションの「自分だけの生き方、誰にも決められない」という歌詞。ふと思い出してちょっと泣きそうになったよ。サッポロポテトを喰いながら。

自由とか自己実現とか、いいとししてそんな青臭いことばかりを考えていたい。じぶんの青白い汚い化粧顔をみつめて、じぶんとはなにかだとか問いつづけていたい。そんな夢見ちゃんでナルシスな相も変わらずな昨今です。

今年桜はおそいですね。ゆきやなぎと菜の花がこちら飯能では見ごろです。

ゆきやなぎの花をむしりとって天高くほうりあげ、花びらを浴びせあいっこ。くるくるはしゃぎ、くつくつ笑いあった六歳のかえり道を今日精神科の中庭にみつけました。

永遠に再生される音楽です。