読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3月19日 その2

大会が始まる。

まずは、KOF95からです。

野試合で、散々と狩り…じゃなくて、勝っていた某首領さん!!

圧倒的な強さで勝ち上がると思いきや、何も出来ないまま一回戦で終わってました

そして、チャーミングさんが優勝となりました。

てか、草薙京で、避け攻撃〜七拾五式改で蹴り上げて、特殊入力で再び蹴り上げ続けて、あこぎなダメージを稼ぎ行ってました。

やはり、時代は¨京様¨なのか?(笑)

真サムは、初回の大会から連覇している¨せいはちさん¨を、「誰が止めるか?」みたいな流れですが、前回はナコルルで優勝しているので、個人的には「誰も勝てないじゃねぇ?」とは思ってました。

ちなみに、今回は柳生十兵衛で参戦です

しかし、準決勝で某会長のズィーガーが、せいはちさんを追い込む

てか、「勝った!!」と思いましたよ

しかし、コマンドミスも重なり、辛くも、せいはちさんが決勝へ。

もう一人は、「強キャラ作業なら、俺に任せろ!」な¨ヤマコフさんの右京です。¨

この二人、決勝で当たるのは三回目位です。

しかし、決勝に限って強キャラ作業に徹しない右京。(笑)

その隙に、ダッシュから投げ・中斬り等で、ダメージを稼ぎ、見事¨せいはちさん¨が優勝となりました

そして、ガロスペ

前回優勝者の¨ソバットさん¨が、ビッグベアで参戦(何でなんだろう?)

しかも、一回戦で¨鬼の山田さん¨と当たると云う、悲惨な状態(涙)

僕は、熊手さんのビリーと当たりますが、度重なるミス・超火炎旋風棍を読んで、大サーベルを差し込み、相撃ちとなるが、何故か敗けたのはローレンスでした。

敗けみれば、攻めが単調だったし、最後の大サーベルを、ブラッディカッターなら間違いなく迎撃出来た筈ですが、冷静な判断が出来なかった、己の未熟さが敗因です

ちなみに勝っても、チャーミングさんのキムだったので、公開処刑・惨殺されなかっただけでも、良かったかもしれません

その熊手さんが、チャーミングさんを、かなり追い詰めていくが、何故かコマンドミスのお陰で敗ける。

決勝は、鬼の山田さんチャーミングさん

開幕で、お互いに大きなミスを起こすが、そこをチャンスに出来なかった山田さんが、苦しいながらも、最後ラウンドまで粘るが、ダメージ回収率の差で、チャーミングさんが優勝となり、二冠を達成しました